ハリケーンの名前が気になる中坊進二


マリア、ハービー、イルマ、カティア、ホセ。
この名にピンと来ますか?
そうです、アメリカで猛威を振るったハリケーンの名前になります。
特にイルマはかなりの被害をもたらしました。

hurricane

ところで何故海外ではハリケーンの名前に人名を付けるのでしょうか?
日本みたいに番号じゃダメなのでしょうか?
中坊進二がその理由を調べたところ、
どうやら特色ある名前にすれば伝達ミスが防げるとのこと。
確かに13号とか17号とか言われても、
1ヶ月後にはどの台風が襲ってきたのか忘れてしまうかもしれませんね。
中坊進二は既に今年何号の台風が来たか完全に忘れています。
ちなみにハリケーンに名前を付ける起源は、
とある小説家が台風に女性の名前を付けたのが始まり。

typhoon2

以来、海軍や空軍の気象学者がそれを真似して
女性名を名付けるようになりました。
そして男女平等にしようという精神に則り、
今では男女の名前が交互に使われるように。
あと中坊進二が最近知ったこととして
この台風の命名はアルファベット順なんだそうです。
Aから始まってZまで続きます。
例外が色々あって、Tで終わらせる地域もあるそうです。

太平洋で発生する台風にも名前が付きます。
人名かどうか中坊進二には判断が付きませんでしたが、
香港に大型台風のハトが来ましたよね。
ちなみに台風13号のことです。
パカー(台風14号)やマーワー(台風16号)など、
名前の由来が気になるところです。
調べたところ東太平洋の14の国々(なぜかアメリカも居る)が
順番で命名するとのこと。
台風13号のハトですが、なんとそれは日本が命名したものになります。
国によって名付けるルールみたいなのがあって、
日本は星座を参考にしているそうです。
ハト座から名付けたみたいですが、中坊進二はそんな星座知りません。
去年はコンパスとトカゲが選ばれました。
かなりマニアックな星座が選ばれるようです。

pacific

でも有名なものも選出予定であり、
もしも今年台風27号が誕生したら「てんびん」になるとのこと。
てんびん座はかなり有名だと中坊進二は思います。
黄道12星座を知らない人なんていませんよね?
9月24日から10月23日に生まれた方の星座ですよ。

scale

自然災害に名前を付けるのは日本人でも良くやります。
それは地震です。
東日本大震災とか熊本地震とか、
そういった名称が後から名付けられましたよね。
その理由は記録に残すため、および、
支援金を集めやすくするためだと中坊進二は思っています。
寄付金を集めるたびに「2011年3月11日に東北を襲った震度7の地震」
と説明していたら疲れてしまいます。

earthquake

日本は今や地震超大国でもありますので、
記録的な地震に名前を付けた方が記録に残しやすいと中坊進二は考えます。
とりあえず「関東大震災」や「阪神・淡路大震災」と聞けば、
大抵の方は分かると思います。
たった200ページの歴史の教科書にも
大正12年に起きた関東大震災はしっかりと記載されていますよ。



過去の記事・京都編

サンプルバナー