薬局に行く中坊進二


風邪を引いた時に食べるものと言えば
御粥だと中坊進二は思っていました。
しかし地域によってはうどんのところもあるそうです。
御粥の方が食べやすいのかもしれませんが、ある程度口が動くのなら、
コシのあるおうどんの方が良いのかもしれませんね。

udon

さて、風邪を引いたら大抵の方は風邪薬に頼るでしょう。
中坊進二も今さっきちょっと薬局に寄って
葛根湯(かっこんとう)を買ってきました。
本当はパブロンゴールドにしようと思いましたが、
風邪の症状が小さいのならコッチが良いと
店員さんが勧めてくれたのでコッチにしました。
あと同じ葛根湯でも瓶入りやパック入りなど、色々種類があるとのこと。
保存が効きそうなイメージがあったので、今回は瓶タイプのものにしました。
でも使用期限についてはどちらでも変わらない感じです。
ちなみに空腹時に飲むものだそうです。
胃の中に何か入っていると競合でも引き起こすのでしょうか。

gold

ついでにティッシュも買いましたが、
このティッシュの種類も非常に多いです。
カシミヤとかエリエールとか色々ありました。
高いティッシュはお肌に良い素材が使われているとのこと。
駅前でよく貰う無料のポケットティッシュとは全然違うのでしょう。
まだ中坊進二は買ったティッシュを使っていないので、
使い心地についてはアンノウン。
そのうちマイナスイオンが出るティッシュとか、
ゲルマニウム効果があるティッシュも登場するかもしれませんね。

tissue

今回は薬局で市販薬を買った中坊進二ですが、
いつもは野菜ジュースしか買っていません。
野菜ジュースが特に安く、コンビニで買うよりも30%OFFになります。
といっても別に栄養素を求めて買っている訳ではありません。
一応はそうした意味もありますが、中坊進二の真の狙いは眠気覚ましです。
カフェインで脳を覚醒させるよりも、
苦い野菜ジュースで無理やり叩き起こした方が健康的だと中坊進二は考えます。
紙パックのジュース1本なので、袋も毎回断っています。
(今回は色々買ったので袋に入れてもらいました)

vegejuice

薬局と言うことばは中々広義的だと中坊進二は思います。
一般的にどちらを薬局と呼称するか中坊進二には分かりませんが、
もしかしたら調剤薬局だけを薬局と呼び、
ティッシュやジュースも買えるところを
ドラッグストアと呼んで区別しているかもしれませんね。
後者のタイプでも処方箋を持っていけばお薬を貰えるケースもあるため、
境界はかなり曖昧になっていると中坊進二は思っています。
でもその処方箋をもらう病院以外のところだと、
お薬が全種類揃っているとは限りません。
時には「来週に取りに来てください」とするところもあるでしょう。

drugstore


過去の記事・京都編

サンプルバナー