咳の原因を考える中坊進二


百日咳が中坊進二の会社で流行っています。
実際には百日せき菌によるものではないと思いますが(症状が軽すぎなので)、
百日以上咳が続いている社員で溢れています。
フロアにいる従業員の半分はゴホンゴホン言ってる感じです。

cold

咳が出る理由は色々あります。
最もシンプルに考えるならば、風邪です。
皆さん風邪を引いていようが無理やりパフォーマンスを引き出して、
日々勤労に励んでいます。
有給を取って家に居ても、家で仕事をする方々ばかりなので、
皆さん無理をして会社に来ているのです。
しかし、見た目的にみんな普通の顔立ちであり、
風邪を引いている方は居ないと中坊進二は思っています。

homework

他の理由を考えるなら、空気の汚さでしょう。
ホコリが舞っていたら、誰だってゴホンゴホンしてしまいます。
都会の空気は極端に汚く、
様々な粒子を吸い込むことで
肺にダメージが蓄積されていっていると中坊進二は考えます。
室内もかなり汚く、塵やホコリが視認できる程です。
20代の社員みんながゴホンゴホンしていますので、
定年まで生きられるかかなり怪しいと言えるかもしれません。
早急に空気清浄器を導入すべきと言えそうです。

dust

病名は忘れましたが、気圧・気温が変化することで肺が収縮し、
それで咳が出るケースがあります。
温かい部屋から寒い廊下への移動にて、
ゴホンゴホンする方はかなり多いのではないでしょうか。
中坊進二もそのひとりです。
特に風呂上りと、歯磨き後はかなり苦しいです。
こうした病気は専門の治療を受けるのが得策と言われています。
放置したままで居ますと、
将来かなり悪化して肺炎になってしまうケースもあるとかないとか。
そのあたり中坊進二は、もう一度詳しく調べ直したいと思います。

花粉症でも咳が止まらないことを中坊進二は最近知りました。
鼻水と涙だけではないんですね。
花粉症での咳は、鼻水なども併発しますので、
普通の風邪と思っている方が多いとのこと。
そしてその対策はいくつかありますが、
やるべきことは専用の薬を飲むこと、喉を保湿することになります。
保湿する方法もいくつかあり、
うがい、のど飴、マスク、喉スプレー、加湿器などなど。
対策としては、普通の風邪とあまり変わらないかもしれませんね。

hayfever

9月に入ってから、
最近急に寒くなってきたなと中坊進二は思っています。
気温の変化は体調を崩しやすく、
体力がないものから身体を壊していきます。
ちなみに中坊進二は割と定時で帰っています。
ハードワークはほどほどにしましょう。



過去の記事・京都編

サンプルバナー