リプニツカヤの発音が分からない中坊進二


リプニツカヤが電撃引退したと話題になっています。
しかし中坊進二は別のところに関心があり、
リプニツカヤをどのようなアクセント、
イントネーションで言えば良いか分からないのです。

ripunitsukaya

すべての外国語に言えることかもしれませんが、
外国人の名前はとても言いにくいです。
日本語しか喋られない中坊進二特有の問題かもしれませんが、
外国人選手の名前はみんな難しい名前だと思っています。
アレクセーエヴナやペトローヴナは
中々の難問だと中坊進二は感じています。

「ロシア人はなんであんなに名前が長いんだ」
「ロシア人の名前は声に出して読みづらい」
と思っている方は中坊進二だけではないようです。
そうしたブログがいくつか見つかり、
皆さん中坊進二と同じ悩みを抱えているようです。
そもそもロシア語でしか使わない音程もあるとのこと。
「グジェ」や「ドヴァ」は、
ロシア人の名前でしか使われないとも言われています。

russia

ロシア人の名前が長いのは、
「名前」「父称」「姓」の3つを並べるからです。
日本だと「姓」と「名前」だけですが、
ロシアではこれに「○○の息子」や「○○の娘」を間に挟みます。
ロシア人の名前でやけにヴィッチが多い理由ですが、
そのヴィッチが「息子」を意味するからです。
たとえシングルマザーでも父称は存在するみたいですよ。
さらにややこしいことに、
ロシアの姓は当人の性別によって変わります。
兄と妹で別々の苗字を名乗ることになります。
男女一緒の姓もありますが、基本は異なるのが普通のようです。
中坊進二の頭脳では覚えきれるかちょっと怪しいです。

russia2

ロシア特有の文化として、ファーストネームの愛称は複数あります。
そして仲良し度に応じて、その愛称は変わっていくとのこと。
ちなみにリプニツカヤは苗字なので、変わることはありません。
フルネームはユリア・ヴィアチェスラヴォブナ・リプニツカヤで、
愛称はユーリャになります。
余程仲良くならないとファーストネームで呼んではいけませんし、
愛称で呼ぶのも信頼しているコーチや家族くらいだと思いますよ。
なお、ネット上ではユーリャと呼んでいる方は多いですが、
それはネット上だからです。
彼女と直接面を向かって会話する機会があったとしても、
その名で呼ぶのは控えましょう。
(むしろそんな機会は全くありませんが・・・)

russia3

余所の国の言葉で形成されている名前は
分かりにくいと中坊進二は常々感じています。
日本人に分かりやすいように、
近い音程で無理やりカタカナを当てはめています。
しかしそれは正確ではないでしょう。
その国の正しい発音を学んで初めて、
その人の名前を呼ぶことができると中坊進二は思っています。



過去の記事・京都編

サンプルバナー