シドニーの場所を調べる中坊進二


日本人が「シドニー」と聞いたら、
1万人中9999人がオーストラリアを連想するでしょう。
シドニーオリンピックの影響はそれだけ強いと中坊進二は考えます。
しかし、シドニーと名の付く場所は他にもあります。
カナダのノバスコシア州にもシドニーという街があるのです。
ちなみに座標は、ニューヨーク州の東でほとんど大西洋側となります。
オランダに住む若者がオーストラリアに行こうと飛行機の予約を取りましたが、
結局カナダに到着するまで間違えに気付かなかったそうです。
ちなみに空港側は「無料でオーストラリアのシドニー行のチケットを手配するよ」
としましたが、彼は「学校が始まるから遠慮する」と断りました。
こうした地名間違えは、中坊進二も普通にやりそうなので、
気を付けたいと思います。

sydney

大分古いこち亀ネタですが、「東京都タワー」で講演をする話がありました。
それを見て、誰もが東京都にあるタワーだと思いましたが、
実際は「ひがし京都のタワー」になります。
「東京都タワー」は実在しませんが、
これに似たような間違いはかなりあると中坊進二は考えます。
西にある東武線池袋駅と、東にある西武線池袋駅もかなり間違えやすいですよね。

kyototower

中坊進二は海外旅行をしたことがないので、
海外の慣れない地名は全く分かりません。
しかし、日本を例に取るだけでも、間違えやすいケースは非常に多そうです。
これも大分古いニュース(しかもデマ)ですが、
ハッカー集団が霞ヶ浦を攻撃したことがありました。
茨城県の湖を攻撃して何をしたいのか、
中坊進二を含む日本国民の多くが疑問に思いましたが、
ハッカーの本当の狙いは、中央省庁が集中している霞が関でした。
日本の漢字に慣れていないと、誰でも間違えてしまうと中坊進二は考えます。
浅草橋駅ですら「ここは浅草ではありません」という注意書きがあり、
中坊進二は思わず笑ってしまいました。
日本の漢字は本当に難しいです。

kasumigaseki

あと、地図の表記もかなり不親切と言えそうです。
中坊進二がSNS上で見たネタですが、
「東京スカイツリーから池袋に行くには、新栃木を経由すればいいの?」
というのがありました。
そしてその路線図は、
確かに新栃木駅で乗り換えられるようになっていました。
電車に乗り慣れている方でしたら、
「東京スカイツリー駅→浅草駅→上野駅→池袋駅」(474円・39分)と教えるでしょう。
中坊進二でしたら「押上駅→大手町→池袋駅」(237円・37分)と教えます。
しかし、出資元だから東京スカイツリー駅に特急が停まるのは理解できますが、
この駅を起点に東京の各方面に出向くのは非常に面倒だと中坊進二は考えます。

skytree


過去の記事・京都編

サンプルバナー