企業が美少女に擬人化する件について考える中坊進二


日本人が世界で恐れられていることとして、
「日本人の手に掛かれば何でも美少女に擬人化」されてしまうことです。
外国人の方は、自国の歴史的な偉人を勝手に美少女に性転換されてかなり憤っており、
その返答で「日本人だって織田信長や源義経を美少女にされたら誰だって怒るだろ」
と言いましたが、中坊進二の正直な感想としては、ゴメンナサイしか出てきません。
むしろ、皆さん喜んでいます・・・。

yoshitsune

中坊進二が考えるに、こうしたことは線引きが大事だと思っています。
言い換えるならば、
オンとオフをしっかりと使い分けることが大事だと中坊進二は思っています。
中坊進二は大学時代に、企業のオフィスでアルバイトをしたことがありますが、
視界に萌えたんのキャラが書かれたティッシュ箱がありましたので、
それを敢えて隠すようにして作業するようにしました。
単純に気が散るからです。
真面目に仕事をするなら、そうした萌えグッズは極力排除しないといけません。

しかし、最近の企業は敢えてそうしたところに果敢に踏み込んで来ているような気がすると、
中坊進二は考えます。
それは企業の「美少女に擬人化」です。
マスコットキャラを作るのではなく、企業の店舗を美少女に擬人化するというものです。
ビックカメラがどこに向かっているのか、中坊進二には全く理解できません。
客層的に合っているのかもしれませんが、
硬派な方は逆に遠ざける結果になってしまわないでしょうか?

biccamera

去年の話ですが、日清ラ王はカップ麺を美少女擬人化したARスマホアプリを開発したそうです。
美少女と一緒に麺をすする音が体験できるとのこと。
カップ麺は若い世代しか食べませんし、
スマホも若い世代しか使わないのでこうしたアプリがあっても特に問題ありませんが、
ご高齢の方も利用できる施設で、
美少女キャラを前面にアップするのは、何か違うと中坊進二は考えます。
それとも、こうしたのも文化として受け入れるべきものなのでしょうか?
浮世絵や琳派のように、こうした美少女の絵も文化として受け入れるべきなのでしょうか?

raoh

日本人の手に掛かれば美少女に出来ないものはありません。
戦艦、刀、城、原素記号、シャンプー、モンスター、
歴代総理大臣(!)すら美少女化してしまいます。
これを見て「日本はじまったな」「日本おわったな」と思うかは、人それぞれでしょう。
むしろ数千年後の人たちが、この時代の日本の文化をどのように扱うか、
中坊進二はかなり心配しています。

katana

昔から人類は、自然を擬人化(神格化)してきましたが正直、
今の時代はやり過ぎ感が否めません。
何かを美少女化させるのは、中坊進二は否定しませんが、
出来ればそういうのはひっそりと影でやって、
日常生活まで侵略しないで欲しいというのが、正直な感想です。
もしも市の税金で美少女キャラを作るようになったら、
中坊進二はデモに参加してでも全力で止めますよ。



過去の記事・京都編

サンプルバナー