阪神高速で豚が逃げるニュースを知る中坊進二


後になって中坊進二は知りましたが、6月8日(木)、
阪神高速で豚19頭が逃げ出すニュースが報じられました。
午前9時40分に「豚が逃げた」という連絡が入り、
その後午後2時まで豚は逃げ回り続けました。
逃げたというよりも、
捕獲することが出来なかったというのが正しいと中坊進二は考えます。
実質的に檻が壊れている状態でしたので、
新しいトラックがやってくるまで、業者はどうすることも出来ません。

cage

高速警備隊の人たちは遠くに逃げないように身体を張るくらいしか出来ず、
豚は道路でのんびり散歩をしています。
でもずっと歩き回ることもなく、疲れて眠ってしまう子も居ました。
その画像を見て、中坊進二の口元はかなりにやけましたよ。
ところで逃げ出さなかった残りの18頭が中坊進二は気になるのですが、
そちらは柵が壊れなかったということなのでしょうか?

highway

高速道路の事故は全く珍しくないものですが、
豚が逃げ出してしまうのはかなりの珍騒動と言えます。
むしろ、動物が逃げ出してしまうということが、
これだけ多くの方に迷惑を掛けることになると、中坊進二は結構驚いています。
冷凍マグロや栗をぶちまける事件はありますが、それらは回収すれば元通りです。
確か海外にて、トラックの中の飼料が道路にぶちまけられて、
野生のリスに食われてしまったというニュースを中坊進二は見たことがあります。
後日、丸々太った、というより超肥満体型のリスが各地で発見されたそうです。

feed

しかし、今回は檻が壊れてしまったため、
新しいトラックが来るまで、周囲は完全封鎖されてしまいました。
羊飼いが居れば良かったのにと、中坊進二は考えます。
ところで今まで似たような事件は無かったのでしょうか?
養豚場や精肉工場など、
こうした豚を運ぶお仕事は日本中でたくさんあると思います。
それとも事故自体起こさないのが普通なのでしょうか?
もしくは、事故を起こしても檻は壊れないものなのかもしれませんね。

今回は追突事故によるものですが、
高速を走るトラックの中には安全基準を守っていないものを
チラホラと中坊進二は見かけます。
木材を運ぶトレーラーがありましたが、ブルーシートで覆われておらず、
正直いつ落下するかかなりビクビクした記憶があります。
その際、車間距離はかなり取りましたよ。
中坊進二は経験ありませんが、前方から飛んできた何かで、
フロントガラスが大破したというのを聞いたことがあります。
ドングリ程度のサイズでも、スピードがあれば、
フロントガラスに盛大にヒビを入れることが出来るのです。

bluesheet


過去の記事・京都編

サンプルバナー