お茶漬けが食べたい中坊進二


中坊進二の最近のマイブームはお茶漬けです。
一昨日は梅、昨日は海苔を食べました。

お茶漬けの特徴はいくつかありますが、
一番はお湯に浸かっている点ではないでしょうか。
ご飯が良い感じにふやけていますので、
食欲のない時でも胃にかきこみやすいと言えます。
また、味に関してもいい具合です。
鮭や梅などの塩分が効いたものは、そのままオカズにもなります。
ごはんのお供やふりかけがなくても、
お茶漬けさえあれば何杯でもオカワリができそうです。
ただし太るので、一日一杯までに留めています。

ochaduke

お茶漬け専門店というのが半蔵門駅の近くにあるそうです。
おにぎりを売るお店は割とポピュラーですが、
お茶漬けを店内で提供するのはかなりレアだと中坊進二は思っています。
ただし、料金の方はなかなかのものです。
鮭といくらのお茶漬けは、980円もします。
それぞれ最高級品を使っているだけはあり、あまり庶民的とは言えませんね。
トッピングの代金から逆算すると、具なしのお茶漬けだけでも380円もします。
半蔵門駅はオフィス街として有名で、ビジネスマンが非常に多そうです。
そうした方々をメインターゲットにし、
多種多様な国産の食材を揃えているのがこのお店のコンセプトと言えそうです。
宇和島産地直送の鯛とか、中坊進二はちょっと気になりますよね。

taichaduke

ご飯をお湯に漬けるタイプの食事と言えば、お粥が有名です。
しかしこのお粥もまた、提供するお店はなかなか見つかりません。
採算が取れないのか、それとも需要が少ないのか、
お粥を外で食べるのはとても難しいです。
風邪を引いた時は消化に良いものを食べたいものですよね。
お粥やお茶漬けを提供するお店はもっと増えてくれないものでしょうか。

okayu


過去の記事・京都編

サンプルバナー