中坊進二は冬でもかき氷を食べる


冬でもかき氷は人気です。
店頭販売はあまりされませんが、
煖房の効いた室内で食べるかき氷は最高だと中坊進二は思っています。
特に軽喫茶店で提供されるかき氷は絶品です。
夏が書き入れ時ですが、冬でもかき氷専門店は大繁盛しています。

shavedice

こうしたお店のかき氷はかなり高いです。
コンビニでは108円でカップかき氷を買えますが、
専門のお店のかき氷は1000円するものがほとんどです。
単純に量が多いのもありますが、味についてもイチオシと言えます。
コンビニのとは違い、非常にサラサラで、いくらでも口の中に入れられます。
むしろ、なんでそんなに器が小さいのか疑問に思うくらいです。
こぼさずに食べるのは不可能に近いのではないでしょうか。

また、場所によってはトッピングが豪華なものがあります。
イチゴを山積みにしたものや、アイスや白玉がたくさん載ってるものなど、
最早なにを食べに来たのか分からなくなるほどです。
味についても、イチゴ、チョコ、マンゴー、抹茶、多種多様です。
キウイとか中坊進二のオススメですよ。
もちろん、市販品のソースをかけてるところはなく、
お店のオリジナル品を使っているところが多いです。
だからこそ、1000円という価格にも納得できるのではないでしょうか。

expensive

京都にはたくさんのかき氷専門店があります。
厳密にはかき氷を売るだけはありませんので、
専門店を名乗ることは出来ませんが、
700~1000円もする最高級のかき氷を味わうことが出来ると評判です。
寒い冬はまだまだ続きますが、
今度中坊進二は久々にかき氷を食べに行きたいと考えています。



過去の記事・京都編

サンプルバナー