森林セラピーに参加しようと準備する中坊進二


本州にある東京都の3分の1は山です。
奥多摩地域は非常に豊かな自然に囲まれており、
23区とは完全な別世界になります。
こうした自然に溢れているところでは
様々な催し物が開かれています。
特に中坊進二が最近気になっていることとして、
森林セラピーというのがあります。

okutama

森林セラピーで何をするかはイベントごとに異なりますが、
その名の通り森の中の環境で行うものがほとんどになります。
2月の25日、26日に行われたものでしたら、
カタクリの花を観賞するウォーキング、宿泊先の宿屋で星空観賞、
花粉症対策ヨガ後にトレイルといったイベントが用意されていました。
花粉症ヨガについてもかなり気になります。

yoga

あと、トレイルがどれくらいのスピードなのかも気になりますね。
急な坂道とか、マラソン選手並のスピードではないと思いますが、
普段から運動していない方にはかなり厳しいかもしれません。
奥多摩の森林セラピーに参加する前にある程度、
運動はしておいた方が良さそうですね。

森の中はフィトンチッドで溢れています。
虫を寄せ付けない成分と中坊進二は学びましたが、
同時に人間をリラックスさせる効果があると記憶しています。
そうした自然の中でリフレッシュしつつ、免疫能力を向上させて、
これから本格的に襲ってくる花粉症に
備えるという狙いがあるのだと思っています。

phytoncide

森林セラピーは全国各地で開催されています。
奥多摩以外にも、奈良県吉野町や兵庫県宍粟市に
森林セラピー基地が設置されています。
残念ながら中坊進二が住む京都府にはありませんが、
奈良県や兵庫県といった近いところに参加したいと考えています。



過去の記事・京都編

サンプルバナー