中坊進二は餃子を食べる


「餃子日本一」の栄冠を取っても、
それで市場の人気が変動するとは限りません。
観光客はそうしたキャッチコピーを見れば、
そこに行きたがるかもしれませんが、
そうした名誉よりも、歴史を重んじる傾向があります。
少なくとも、餃子を食べに行くなら、やはり宇都宮市だと言えます。
中坊進二も餃子と言えば、まず宇都宮が思い付きます。

utsunomiya

伝統を覆すには、
20年以上に及ぶ長い年月が必要だと中坊進二は考えています。
そもそも浜松市と宇都宮市の餃子は中身がかなり違います。
浜松の餃子はキャベツが多く含まれており、
場所によっては「キャベツ:肉=9:1」という割合のものが売られています。
ほとんど別種の料理です。

hamamatsu

あと、統計の取り方にも色々あります。
確かに、「スーパーでの餃子の売上」に関しては浜松市が一位ですが、
宇都宮市の餃子市場を占めているのは、店舗での販売です。
観光客はあまり、その地元のスーパーで買い物はしないと思います。

おそらく、全体の餃子の売上で勝負したら、
浜松市は太刀打ちできないのではないでしょうか。
野菜餃子が食べたいなら浜松市、肉餃子が食べたいなら宇都宮市と、
きっちり住み分けが出来ている点も重要と言えそうです。
今は通販もありますので、
それらの餃子をネットから取り寄せるのはいかがでしょうか。

中坊進二はよく餃子を買って食べています。
駅中に餃子を安く提供するお店がありますので、
そこで時々持ち帰って家で食べています。
もちろん、家で焼いて食べていますよ。
その多くは焼き餃子です。
水餃子はあまり、中坊進二は食べません。
やはりパリパリに焼いた餃子が中坊進二は好きです。

suigyoza

餃子と言えば、何よりも欠かせないのが餃子のタレです。
中には餃子単品で食べるものもあるそうですが、
大抵の餃子にはタレを掛けると思います。
醤油、ラー油、お酢の黄金比があると思いますが、
中坊進二は一々調整するのが面倒なので、
「餃子のタレ」という商品を使っています。
かなり便利ですよ。



過去の記事・京都編

サンプルバナー