中坊進二は訳ありスイーツを手に入れたい


訳ありスイーツをご存知でしょうか。
ロールケーキのはじっことか、バウムクーヘンのはじっことか、
そうした本製品の余り物を特売で売るスイーツになります。
中坊進二も時々、ロールケーキのはじっこを買いに行きます。
でも、本製品と比べて大体半額くらいなので、
中坊進二が行くといつも売り切れています。

rollcake

こうした訳ありスイーツには色々なものがあります。
中坊進二が一目見ただけでも、
何が問題になっているか全く分からないものも多数あります。
メーカー曰く、ここにちょっと穴が開いていると説明されましたが、
その程度全く気付けないと中坊進二は感じます。
しかし製品である以上、完璧を求めないといけません。
ほんの些細な齟齬でも商品にしてはいけないのです。

スイーツではありませんが、
フルーツ・果実類の訳ありは多いと中坊進二は思っています。
落下したりんごは商品になりませんので、
ジュースやジャムとして加工して売ることが多いみたいです。
また、野菜に関しても変な形のものは、訳あり品として並ぶこともあります。
実際には並ばず、自前で処理する(食べる)ことが多いかもしれませんね。

少し前ですが、訳あり球根がニュースになりましたよね。
何かの事故でチューリップの球根が全部混ざって、
どれがどの色を咲かせるのか全く分からなくなりました。
こうなったら全部破棄するしかありません。
しかしその業者は訳あり品として、提供したのです。
「球根ガチャ」という名称は記憶に新しいのではないでしょうか。
定価よりかなり安かったので、大勢の方が購入したそうです。
チューリップを植える方からしたら正直、
色なんて気にしないのかもしれませんね。
別のイベントですが、
中坊進二がチューリップを無料でもらえるお祭りに参加しましたが、
特に色については全く気にしませんでした。

kyukon

探せばもっと色々な訳ありのものが見つかると思います。
どれも品薄でなかなか手に入りませんが、
偶然見つけたら購入してみるのはいかがでしょうか。



過去の記事・京都編

サンプルバナー