自衛隊のお土産に興味がある中坊進二


JR市ヶ谷駅の改札売店で自衛隊の各種お土産を販売する試みが、
昨年の8月からスタートしていました。
地元ではかなり人気みたいなようで、
興味を持った方がこれらのお土産を買っていくそうです。
中坊進二も少し興味があります。
市ヶ谷駅がこうしたものを置くようになったのは、
やはり近くに駐屯地および防衛省があるからかもしれません。

defence

「市ヶ谷らしいものを置こう」というコンセプトで始まったそうで、
自衛隊ならではのお土産がいくつも並んでいます。
自衛隊名物の「撃」をはじめ、様々な商品を展開していますよ。
この売店で売られているお菓子は、包装紙が迷彩や戦車など、
色々と自衛隊らしい特色となっています。
本来こうしたものは、自衛隊の広報センターでしか買えません。
売店なのであまりたくさんの物は置けませんが、
場所によっては目覚まし時計が売られています。
自衛隊でおなじみの起床ラッパのメロディーで起こしてくれますが、
慣れていない方だとかなり驚いてしまうかもしれませんね。
眠気はバッチリ取れるかもしれませんが、動機が激しくなって、
それで体調を崩しては元も子もありません。
中坊進二はケータイ電話(2代前のガラケー)の目覚ましで起きていますが、
しばらくはこのケータイで大丈夫です。
少なくとも、中坊進二は寝すぎて遅刻したことは一回もありません。

souvenir

また、防衛省は一般市民も見学可能ですが、
予約が必須など、気軽に通えるところではありません。
そこでしか扱っていないお土産も、
市ヶ谷駅に行けば手軽に入手することが可能で、
この売店はかなり評判になっています。
市ヶ谷駅周辺は意外とミリタリー関係のお店が多いと中坊進二は思います。
自衛隊グッズを専門に扱っているお店や、
迷彩柄のTシャツを売るお店もあるそうです。
市販品なので、実際に自衛隊の方々が着るほど頑丈な作りにはなっていませんが、
自衛隊に興味のある方はこうしたものを購入するのも良いかもしれませんね。
中坊進二の同期にはミリオタが居ますので、
彼はよくこうしたところに通っていたかもしれません。
遠足で、ミリタリー水筒を持ってくるような人でしたよ。

そのうち、ミリタリーカフェなんかも出来そうです。
と言いつつ、調べたらアキバにありました。
意外と需要は高い模様です。
今度、中坊進二行ってみたいと思います。

militaryfood


過去の記事・京都編

サンプルバナー