射撃カフェ&バーがちょっと気になる中坊進二


サバイバルゲームはかなりニッチな趣味と言えるかもしれません。
何故か、中坊進二の友人はみんなはまっていますが、
中坊進二は怖くてなかなか手を出せません。
モデルガンとはいえ、
中坊進二はあまり人を銃で撃つ趣味はありません。
中坊進二はどちらかと言ったら、
サッカーとかアメフトの方が興味があります。

amefoot

そうした方でも気軽に利用してもらいたいという
コンセプトで誕生したのが、射撃カフェ&バーです。
お酒を飲みながら射撃をすることが出来るお店になります。
むしろ、酔っぱらった状態で射撃なんかして大丈夫なのか、
中坊進二はかなり不安になっています。
でも慣れている方でしたら、ちょっとくらい酩酊していようが、
きちんと的に当てられるかもしれませんね。
この射撃カフェ&バーは、7mの射撃場が3レーン用意されています。
的に当てるだけなので、サバイバルゲームのような対人戦はありません。

shooting

むしろ、そんなことが出来る飲食店は日本にないと思います。
サッカーコートの中だって、飲食スペースはありませんよね。
一応、射撃場には食べ物を持って行くことができますが、
その際はきちんと蓋をするのがルールになります。
間違ってBB弾を食べたら大変ですよね。
割と跳弾するみたいで、自分に当たるかもしれません。
グラスの着用は必須になります。

気軽に楽しめるがコンセプトになりますので、銃のレンタルも低料金です。
1000円もあれば十分楽しむことが出来ます。
射撃場は最長で60分レンタルすることが出来ますが、
試射だけで60分も何をするのでしょうか。
100発なんて、中坊進二は5分で撃ち尽くせる自信があります。
このカフェ&バーは、ライトユーザー向けの射撃場になりますので、
銃に興味がありましたらぜひ、利用してみてください。

もちろん、カフェ&バーになりますので、
飲食だけを楽しむのも十分アリです。
中坊進二、自家製の黒ニンニクがかなり気になります。
下北沢南口にありますので、探してみてください。



過去の記事・京都編

サンプルバナー