中坊進二は花粉に強いです


花粉症に悩んでいる方は非常に多いです。
中坊進二はまだですが、こうしたものは蓄積により、
いきなり発症するものだと思っています。
経験値制みたいな感じで、幼少期は大丈夫でも、
ある日大人になってから
急に花粉症になるものだと中坊進二は思っています。
あと、大人は不規則な生活をしやすく、
それで自律神経が乱れてかかりやすいのかもしれませんね。

あと場所的な問題も大きいと中坊進二は思っています。
都市部は特に花粉症の被害に悩まされやすいです。
その理由のひとつに、再飛散というものがあります。
地方だと田畑や土の道路があり、
花粉がそこに落ちると地面に吸着してしまうことが多いです。
しかしアスファルトだと地面に吸着することはなく、
風が吹く度に再び舞い上がります。
ビル風も併せて、都市部は非常に花粉で悩まされやすいと言えます。
中坊進二はオフィスにずっと籠って仕事をしていますので、
被害は最少ですが、
外回りをする方は色々と気を付けないといけないかもしれませんね。

city

一口に花粉と言っても、色々な花粉があると中坊進二は知りました。
一般的にはスギとヒノキが8割を占めていますが、
他にも、カバノキ科、ブナ科、ニレ科、イネ科、
キク科、クワ科の花粉でも、花粉症になることがあります。
大体2月から5月までは花粉のシーズンになり、多くの方を悩ませています。
そして、どの病気にも言えることですが、
花粉症の掛かりやすさは遺伝することがあります。
花粉に強い遺伝子を引き継いでいたら花粉症にはあまりならず、
逆に花粉症に掛かりやすい遺伝子を持っていたら、
幼少期でも発症する恐れがあります。

cider

もちろん、こうしたアレルギーに関するものは
生活習慣などで決まるものなので、
一概に「全部遺伝子が悪い」と論ずることは出来ません。
とりあえず、中坊進二の家族は全員花粉に強いみたいです。
春ごろにクシュンクシュンしている姿を見たことは一度もありません。

gene

花粉症の治療方法も年を追うごとに進歩しています。
今だとレーザー治療もあるそうです。
鼻の粘膜部分にレーザーを当てて、
アレルギー反応を鈍くしようというものです。
花粉症で悩まされている方は、
こうした治療を受けてみるのはいかがでしょうか。



過去の記事・京都編

サンプルバナー