カカオ99%のチョコに挑戦しようかどうか悩む中坊進二


カカオ99%のチョコがあります。
ところで残りの1%は何なんでしょうか?
保存剤とか着色料とか、そうした些末な成分なんでしょうか。
ツナギ的な何かなのかもしれませんね。

cacao

カカオ99%のチョコはすごく苦いと評判です。
中坊進二は食べたことありませんが、
およそ人間が食べるものではないと言われています。
食べるとしても上級者向けとも称されています。
ココイチのカレー10辛のような存在なのかもしれませんね。
カカオ99%の用途は、自分でチョコを手作りする場合です。
この99%と他の素材を混ぜて、手作りのチョコを作ります。
砂糖を入れたり、ミルクを入れたり、
成分調整がしやすいと人気です。
初めから砂糖やミルクが入ったチョコだと、
そうした細かい調整が難しいですが、
カカオ99%でしたら、計算は容易です。

しかし99%はどんな味がするのでしょうか。
中坊進二はあまり冒険する性格ではありませんが、
ちょっと気になります。
一口サイズのチロルチョコとしてどこかで売っていないものでしょうか。
中坊進二がその評判を聞いたところ、
ほぼすべての方が「苦い」と称しています。
「薬より苦い」という意見もあり、
やはり単体で食べるものではなさそうです。
「甘いチョコと合わせて食うと何とかなる」という口コミもあり、
そうした合わせ技なら食べられそうです。

甘いチョコが好きな方は、
カカオ70%以上は手を出さない方が良いと言われています。
そこから先はかなり苦いみたいで、
牛乳がセットじゃないと食べられないと思います。
苦いコーヒーに慣れている中坊進二ですが、
80%や90%のものは覚悟して食べたいと思います。
99%に至っては、石炭をかじる勢いで臨みます。
あまりの苦さに吐き出してしまうかもしれませんね。

coal

少なくとも99%は単品で食うものではないと中坊進二は確信しています。
手作りチョコの原材料として、
もしくは他の料理として使うのが良さそうです。
カレーの隠し味にチョコを入れる人も居ると思いますが、
その場合は99%が良いかもしれませんね。
余計な成分が含まれていませんので、
味の調整がとてもしやすいと思います。
中坊進二、今度試してみたいと思います。



過去の記事・京都編

サンプルバナー