ハーゲンダッツピスタチオベリーについて語る中坊進二


ハーゲンダッツの工場は世界に何個あるのでしょうか?
最近のブログ記事だと3ヵ所と書かれていますが、
中坊進二の記憶では4ヵ所です。
海外サイトであるハーゲンダッツ本社の
ホームページを調べようとしましたが、英語が読めないので諦めました。
About Usまでは辿り着けたんですが、そこから先はダメでした。

haagen-dazs

ハーゲンダッツの工場は世界三ヶ国にあります。
アメリカに2つ、フランスに1つ、そして、日本に1つあります。
群馬県の工場でハーゲンダッツを生産しており、
そこからアジア各地に輸出しているのです。
アジア旅行の際にハーゲンダッツを食べようとしても、
それは日本で作られたものになりますので、気を付けてくださいね。

ハーゲンダッツは季節を問わず人気で、
冬にはスペシャリテを期間限定で販売しています。
今年は「ピスタチオ ベリー」で、2つの味が楽しめる模様です。
値段も449円と、ちょっとリッチです。
実は中坊進二はまだ食べていません。
発売してそろそろ2週間経ちますが、なんだか買うタイミングを逃しています。
しかし、あんまり先延ばしすると生産終了してしまいますので、
なるべく早めに買って食べたいと思います。

berry

ところで「ピスタチオ」ってどんな味なんでしょうか。
ビーンズ(豆)ではなくナッツ(木の実)ということは分かっているのですが、
中坊進二はピスタチオを食べたことがありません。
色は完全に枝豆ですが、豆とはかなり違う味なんでしょうね。
中坊進二が調べたところ、濃いナッツと記載されていました。
酸味の強いピーナッツとも評されていますので、
ドングリに近い味なのかもしれませんね。
公園で拾ったコナラやミズナラは茹でたり、
レンジでチンしても美味しくないです。
食べるならブナが一番だと、中坊進二は結論付けます。

pistachio

ピスタチオが人気の理由は、味よりも栄養価にありそうです。
各種ビタミンやカリウムが豊富ですが、
単純なカロリー量はナッツ界でもかなり低めと言われています。
食物繊維も豊富で女子に人気のことから
「ナッツの女王」とも呼ばれているそうです

ハーゲンダッツの「ピスタチオ ベリー」、
是非とも売り切れる前に食べたいと思います。



過去の記事・京都編

サンプルバナー