読書が好きな京都の中坊進二


京都の中坊進二は読書が昔から好きです。
名作やベストセラーを読んだり、
中坊進二は京都の本屋でフィーリングで見つけた本など
幅広い作品を読んでいます。

そんな京都の中坊進二は、
読書をする際には色んな場所で読んでいます。
通勤中などに読んだり、自宅に帰ってきてから読みます。
休日になると自宅で読むだけでなく、
中坊進二は京都の様々なところに出向いて読書をしています。
中坊進二は春から初夏にかけての過ごし易い季節になると、
公園に出かけて読書をしています。
梅小路公園などに行って風や季節を感じながらの
読書がたまらないそうです。
外での読書はいい気分転換にもなっているそうです。
特に桜の季節に外で読書をしていると、
なんだか贅沢な気分になるそうです。

中坊進二は京都の公園だけでなく、カフェでも読書をしています。
本を読む際は、とりわけブックカフェを選んで行っているそうです。
本に囲まれているブックカフェだからこそ、
読書が捗ると京都の中坊進二は話していました。
ブックカフェなら様々な本があるので、
まだ読んだことのない本に出会えるのも楽しみの一つだそうです。
休日になると中坊進二は京都のブックカフェにオープンと同時に入り、
モーニングを食べながら本を読む日もあります。
朝からのプチ贅沢がたまらないそうです。

このところめっきり読書をしなくなりました。
たまには京都の中坊進二さんのように、天気のいい日に外で読書したり、
カフェでみっちり読書をするのもいいかもしれませんね。
読みたい本はいっぱいありますし。
京都の中坊進二のお勧めも読んでみたいです。



過去の記事・京都編

サンプルバナー