京都の中坊進二も好きな餃子


人々を魅了して止まない食べ物、それが餃子です。
焼餃子や水餃子など、様々な餃子が巷には溢れています。
京都の中坊進二も餃子は昔から大好きな料理の一つです。
特に焼餃子が好きです。
京都の中坊進二は子供の頃から餃子が好きでした。
夕食のおかずとして並ぶとテンションが上がり、
ご飯もいつも以上におかわりして餃子を食べていました。

事前に夕食が餃子だとわかると、1日わくわくしながら過ごしていました。
大人になってからはご飯のおかずとしてだけでなく、
さらにビールのお供として餃子を食べています。
餃子とビールの組み合わせは最高だと考えています。

京都の中坊進二は餃子に目がなく、
デパ地下やコンビニなどで売っている餃子を食べる・
美味しい餃子を扱っているお店を食べ歩くなど色んな餃子を食べて楽しんでいます。
中坊進二がお気に入りのお店は、京都にある泉門天祇園本店の餃子です。
このお店の餃子は一口大の餃子で、
舞妓さんの口にも入るように小ぶりになっている餃子です。

外の皮はパリパリで、餡は肉汁がしたたるほどのジューシーで気に入っています。
餃子にはガーリックパウダーを使用していてパンチの利いた味になっており、
そこも京都の中坊進二は気に入っています。
翌日仕事が休みだと、必ず泉門天の餃子を食べています。
仕事終わりの餃子が格別だそうです。
「餃子を美味しく食べるために、毎日働いているようなもんだ」
と言い切るほどの餃子好きです。

餃子好きな人は数多くいると思われます。
京都に訪れた際は、中坊進二おススメの餃子を
食べてみるのもいいかもしれません。
パンチが利いた餃子を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。



過去の記事・京都編

サンプルバナー