中坊進二が京都水族館で食べたいわしパフェ


アップルパイやパンプキンパイが好きな人は多いと思います。
一方で、ニシンのパイが好きな人は少ないと思います。
ネットで画像検索して頂ければ分かると思いますが、
実際のニシンのパイは本当にあんな感じになります。
甘いパイしか食べたことが無い方にとっては、かなりの衝撃を受けると思います。
あの娘が「わたし、このパイ嫌いなのよね」という気持ちも良く分かります。

基本的に、デザートやフルーツは甘いです。
タンパク質を豊富に含む肉や魚は、あまりデザートに向きません。
それゆえ、肉や魚を使った菓子類もあまり見かけません。
それはもう、主食やオカズです。
ちなみに、中坊進二はアップルパイよりベーコンポテトパイの方が好きです。
クリームシチューパイはそこそこの味でした。
ミルクパイは甘かったです。

京都水族館で「いわしパフェ」が販売されています。
比喩でも何でもなく、本当にいわしの生姜煮がトッピングされています。
バニラアイスと醤油味のいわしが合うそうですが、
中坊進二はちょっと遠慮したいところです。
なお、京都水族館はこれまでも色々と攻めていました。
「カエルの卵風スープ」はもどき料理でしたが、
アユの塩焼きを丸ごとホットドッグに挟んだ「アユの塩焼きドッグ」は、
かなりの衝撃を覚えると思います。
パンに肉を挟むのは良くありますが、お魚はあまり見かけません。
よくて、フィレオフィッシュくらいです。
中坊進二は京都のとあるお店で、
サンマを丸ごと挟んだホットドッグを食べたことがありますが、
なかなか際どい味でした。
あと、食べにくかったです。

京都水族館の「いわしパフェ」は6月30日までなので、
気になる方は是非、挑戦してみてください。
中坊進二は大人しくソフトクリームを食べています。
トマト味は、まだ売ってたかな?
京都水族館は意外と攻めています。



過去の記事・京都編

サンプルバナー