中坊進二の好きなおにぎりの具


最近のコンビニおにぎりのバリエーションは実に豊富と言えます。
回転寿司の創作寿司のように、コンビニおにぎりも色々な具材で勝負に挑み、
勝ち残ったものは今や定番商品として定着しています。
回転寿司でも最初の内は、
アボガドとマヨネーズを使ったカリフォルニアロールは邪道と
揶揄されていたのだが人気が続く内に今や定番化されています。

京都出身の中坊進二は毎朝よくコンビニおにぎりを食べています。
具材はローテーションしているが、
中坊進二はとりわけツナマヨを食べている気がします。
しかし、ツナマヨについて冷静に考えてみると、
米にシーチキンにマヨネーズという組み合わせです。
これを開発した人は一体何を考えて
これを世に売り出そうとしたのかとても気になります。
もしかしたら、開発者は普段から茶碗によそったご飯に
シーチキンとマヨネーズを掛けて食していたから、
これをオニギリにして販売しようと考えたのかもしれません。
それが事実かどうかは分からないが、卵掛けご飯オニギリはそうだと思います。
ちなみにコレは流行りませんでした。
卵掛けご飯は日本食として確かな位置を
確立している気がしないでもありませんが、
どうやらオニギリとしては合わなかったみたいです。

次に中坊進二がよく食べているオニギリの具は、焼肉です。
中坊進二は好きな食べ物にも、焼肉を一番に挙げるぐらいの好物とのこと。
焼肉オニギリも小学生ぐらいの昔は無かった記憶があったが、
今やどのコンビニでも売れ残るぐらい大量に陳列棚を占めています。
焼肉もご飯のオカズの定番なので、
これもやはりそうした経緯から世に出たのかもしれません。

こう考えると、ご飯に合うものは
なんでもオニギリ化ができるのではないかと、邪推してしまいます。
だとすると、中坊進二が住む関西の方(特に大阪)では、
たこ焼きやお好み焼きを具材にしたオニギリが既に開発されているのかもしれません。
関東では流石に置いていませんが、今度旅行や出張する機会があれば、
是非確認してみたいと思います。



過去の記事・京都編

サンプルバナー