中坊進二の舌をうならせた山元麺蔵の手打ちうどんとは?


タイトルでもすでに書いていますが、
みなさんはうどんと聞いてまず思い浮かぶことは何でしょうか?
人それぞれだとは思いますが、ほとんどの人は讃岐うどんで評判な
「香川県」を思い浮かべるのではないでしょうか。
しかし、中には讃岐うどんに匹敵するうどんがあることをご存知でしょうか。
それが、これから紹介する京都にある人気手打ちうどん“山元麺蔵”です。

なぜ山元麺蔵を勧めるかと言うと、
つい先日友人の中坊進二に紹介を受けたからです。
中坊進二によれば、山元麺蔵は人気グルメ情報サイト
「食べログ」で1位を獲得している人気店だそうで、
平日にもかかわらず長蛇の列を作っているとのこと。
当日は20人程度の行列になっており、
40分ほど待って店内に入っていきました。
いざ店内に入るとそこは古風な趣のある空間となっており、
非常に落ち着きのある雰囲気がただ寄りました。
いざメニュー表を見て注文しようとした時、
中坊進二にストップをかけられ、「ごぼううどん」を勧められました。
私はうどんさえ食べられればそれで良いと思っていたので、
ここは彼の言葉を信じました。

いざ注文した商品が届くと、うどんのボリュームに圧倒されました。
薬味にはネギとカレー粉が付いており、なぜ薬味にカレー粉があるかというと、
ごぼうに付けて食べるのが、この店の伝統的な食べ方であるとのこと。
中坊進二もごぼううどんのあまりの美味しさに舌をうならせており、
私も同じく口にしたときは、ほっぺたが落ちそうになるほどの美味しさでした。

京都に観光に行かれる際、ぜひ立ち寄るべきグルメスポットだと私は思います。



過去の記事・京都編

サンプルバナー