中坊進二が普段食していた京都ラーメンとは?


検索サイトで「京都」と調べますと、
その絞り込みツールには色々なものが出てきます。
「京都 観光」や「京都 スイーツ」、「京都 ホテル」などが
大衆の興味を引くところではないでしょうか。
最近では「京都 桜」が熱いですね。
そこで少し気になった項目に「京都 ラーメン」というものがありました。
私は中坊進二と違って京都に詳しくないので、
「京都ラーメン」なるものは知りません。
ところが、京都通の中坊進二も「京都ラーメン」は知らないと言います。
もしかしたら、あまり有名なラーメンではないのかもしれなません。
そこで色々と調べてみましたところ、
どうやら地方特有の俗称のようなものだということが分かりました。

「京都ラーメン」京都(および滋賀)で作ったラーメンというだけで、
醤油ラーメンや味噌ラーメンのような括りとは少し異なるそうです。
特徴としては「こってり濃厚なスープ」で、
鶏ガラと豚骨をダシにして強めの醤油を入れているラーメンが
最も基本的な「京都ラーメン」のようです。
京野菜を乗せるところもあるそうですが、それは店ごとの特徴かもしれません。

地方や地域名が名称として使われているラーメンで最も有名なのは
「博多ラーメン」か「札幌ラーメン」だと思います。
「博多」は豚骨ベース、「札幌」はあっさり味噌で
恐らくコーンが乗っているイメージが強そうです。
ヒトによっては「東京ラーメン」も有名だと言いますが、
残念ですが東京人の私は知らないと断言します。
東京人は醤油ラーメンを「東京ラーメン」などと呼ばないからです。
ちなみに、東京ラーメンという文字を始めて目にしたのは、
カップラーメンが最初でした。

そうなると、もしかしたら「京都ラーメン」も現地のヒトは
「京都ラーメン」と呼ばないかもしれません。
それでしたら、中坊進二が知らなくても頷けます。
普段食しているラーメンが実は「京都ラーメン」だったとしても、
彼からしたらそれは「普通のラーメン」に他ならないからです。



過去の記事・京都編

サンプルバナー