中坊進二の案内する清水寺


京都は通常の観光以外にも修学旅行先でもベスト3に入るほど有名です。
全国各地から多くの中高生が京都にある様々な観光地を訪れます。
そして、多くの修学旅行生が必ずと言っても良い程、
訪れる場所が清水寺と中坊進二は言います。

清水寺は法相宗(南都六宗の1つ)系の寺院で広隆寺、鞍馬寺と共に
平安京遷都以前からの歴史を持つ京都では数少ない寺院の1つで、
世界遺産にも登録されていると中坊進二は言います。
この清水寺と言えば「清水の舞台」が有名で、
「清水の舞台から飛び降りる」という言葉もあるくらいです。
(意味としては『必死の覚悟で、何かを実行しようとする時の例え』だそうです)
実際にこの清水の舞台から飛び降りた人もいるらしく、
1694年から1864年の間に234件にも上ったことを
中坊進二は教えてくれました。
飛び降りた85.4%の人間は助かったらしいですが、
この事態を重く見た政府によって1872年(明治7年)に
飛び降り禁止令が出され、
現在では柵を張るなどの対策が取られているようです。

この清水寺前の通りは中坊進二が言うには、
多くの修学旅行生や観光客が訪れることから、
様々なお土産屋さんが立ち並び、
中にはアイドルショップやバラエティTシャツの店など、
京都に全く関係の無いお店まであるようです。
また、清水寺のすぐ近くにある地主神社は
「縁結びの神」として信仰されていることから、
多くの女子が縁結びのお守りを買うことでも有名らしいです。

今日も多くの観光客や修学旅行生が清水寺を訪れていることと思います。



過去の記事・京都編

サンプルバナー