中坊進二と巡った京都・北野天満宮


大学時代、様々な地方から出てきた多くの人たちと友人関係を築きました。
みんな地方独特の文化や見どころ、名物を教えてくれ、
旅行に行く際にとても参考にさせてもらいました。

その友人に一人に京都出身の中坊進二という奴がいます。
中坊進二は京都の左京区出身で、実家は老舗の畳屋です。
京都出身というだけあって、趣味は寺社巡り、
贔屓にしている球団はなぜかソフトバンク・ホークスという奴です。
京都に行く用事ができたので、中坊進二と久々に会い、寺社巡りにつきあってもらいました。

中坊進二が案内してくれたのが北野天満宮です。
北野天満宮は“学問の神様”として有名な菅原道真が祀られている神社です。
中坊進二曰く、太宰府天満宮や湯島天満宮など天満宮自体は日本各地にあるそうです。
しかし、数ある天満宮の中でも京都の北野天満宮は、
全国各地から多くの受験生が合格祈願のお参りに来るそうです。
これは、江戸時代に京都が“天子様の学問所”と呼ばれるほど、
日本の学問の中心地だったからだそうです。

中坊進二はこんな数々の蘊蓄を私に教えてくれながら案内してくれたので、
退屈せずに京都の街を巡ることができました。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいましたが、
“また京都に来たらいくらだって案内してやるよ”と言ってくれました。

また中坊進二と京都巡りをするのが楽しみです。